いろいろ無限大

やりたいことが多すぎる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

G線上の魔王

※この日記は、mi○iよりコピペですサーセンww


「G線上の魔王」クリアしました。

レビューってか感想を書きたいとおもいます。
今回ばかりは、興味ない人も読んでいただけるとうれしいかもですです。


あ、随所にネタばれがある危険があるので、これからプレイする予定の方は

ースキップ停止ー
までスキップ
もしくは、

戻る
推奨です。



では。







・ストーリー
"真冬。
粉雪の舞う大都市に”魔王”が出没した。
望みは、無論、人間社会の崩壊である。


主人公・浅井恭介は、学園にかようかたわら、義父のビジネスを手伝って、存外な大金を動かしていた。
倣岸な義父に影響を受けた彼は、才能を余すところなく発揮して、ついには有名企業のプレインとしての顔を持つようになっていた。
けれど、彼は普段はクラシックを愛するひょうきんで明るい青年である。
クラスメイトの”椿姫”と義理の妹”花音”、親友の栄一に囲まれながら、楽しい悪縁生活を送っている。


そんな恭介の平凡な日常にも、危機が迫っていた。
花音の出場するフィギュアスケートの全国大会が脅迫され、椿姫はずっと守ってきた住居から立ち退かされる。
学園では謎の集団が人質をとって立てこもり、市内でも富裕層の子供が次々と失踪していく。

一連の事件は、地下都市を根城ろする”魔王”の仕業だろいう。


そんなとき、一人の少女が訪ねてくる。
少女は、正体不明の”魔王”あぶりだすべく、頭脳を駆使して心理戦をしかけていった。

流れるような長髪の少女、”宇佐美 ハル”

彼女こそが、恭介の忌まわしき少年時代を、共に戦ってくれた”勇者”だった。
十年ぶりの再会。いま、命を懸けた純愛ドラマの幕が上がる。"


※上記のあらすじ文は、あるブログからコピペさせていただいたものです。






はい、じゃあこっからは自分の言葉で。


ストーリー

・椿姫ルート
まぁまぁかな、ってのが全体的な感想です。

身代金渡しのために東奔西走する場面は良かったです。なんていうか必死さが伝わってきて。
ただ、心が壊れていく場面の描写が割と長く、こちらとしても心が痛んで見ていられませんでした。
そのせいで、最後の元に戻る場面でいまいち感情の切り替えができなかった、というのが正直なところです。

いや、まあ、目をそらして感情移入を止めてしまった僕が悪いんですけどね。

京介が権三を追い詰めるシーンは、「車輪の国」のラストを彷彿させましたね。(まぁあちらの方が上でしたが)





・花音ルート
まず、まさかの声優河合春華さん。
ちょうどこんにゃくを終えたところだったので、タイムリーなキャスティングでした。

ルートは、スケートの話。

まず、"ワルキューレの騎行"の場面。
鳥肌が立ちました。
いや、だってヤバすぎてこの曲のCD買っちゃいましたもんw
400円だったしねw

その後、母親と仲違いが続きます。
が、しかし
試合前日、決定的に憎むべき事件が起きたというのに、花音は母親を許します。

なぜ。どうして。
そんなモヤモヤした感情が、僕の中で渦巻きました。
僕も、親が正しいと思えないことがあったからでしょうか。


でもね

花音の演技を見たら、そんなこと頭から吹き飛んでしまいました。
「我が母の教えたまいし歌」

ただただ、素晴らしかった。
「クラシックってつまんないじゃん。歌詞もないし。ゆっくりすぎるし、どれもおんなじように聞こえるよ。」
そんなことを言っていた愚か者は今、画面の前で目を濡らしていた。

なんなの!?あの描写のすばらしさ!!
まさに、やってくれたのう!ですよ。

まぁ、2位にされたのは予想外でキレたけど、なんか花音を見ていたら、ただ応援していたくなった。


このルート、最高でした。
なぜこれがサブヒロインの話なのか。

何回見ても泣けます。
実際すでに10回は見ていますが、いまだに見るたびに泣きます。






・白鳥水羽ルート

時田ユキが良いキャラですねーww
水羽もつんでれかわいかったです。

ただ、いきなり3年後に飛ぶのはよくわからなかった。
というかこのルート、終わった時点では頭に?が一杯でした。

その謎は、ハルルートで解明されることになります。






・宇佐美ハル ルート

もうみんなわかってると思うので、kwskは書きません。

まさか兄だったとはねw
小さな手がかりを見落としてたわ。
でも前回のお姉ちゃんよりは難しかったよね。


途中、何回もピンチにあった京介だけど、るーすを信じていたから、だいじょうぶだという感じはあった。

それでも、何回も感動した。
落ちてくるハルを受けとめるシーンが特に。


魔王がバスで焼死したとき、これで終わりではないなとは思った。
あのEDは、一見理にかなっているようで、それまでハッピーエンドまで一直線だったシナリオにはふさわしくない終わり方だったから。




予想通り、魔王はもう一度やってきた。
しかし、予想外のかたちで。

素晴らしい日になるはずだったバレンタインの日、2人は引き裂かれた。
ハルの泣き顔がつらかった。

京介がハルをかばう為に嘘の供述をするシーン。
反則的なまでのBGMと、痛いほど伝わる感情。
泣くなという方が無理だった。

ただ、本当に「泣く」ということの意味を、このときの僕は知らなかった。
まさかそれを最後に知らされることになるとは…









8年の年月が過ぎ、京介は釈放になった。

こちらに向かってくる親子が、ハルたちであることは容易に想像できた。

子供がいたことから、

「ああ、結局岩井とくっついたのか…」

なーんて、落胆とあきらめが混ざった感情を渦巻いたまま、心はそのエンディングを迎える準備を始めていた。
…さすがにそれなしでは、哀しい結末に耐えられないから。


予想通り、母親はハルだった。
女の子は、岩井とのあいだにできた子供だろうな。

その子の発言で、俺の中に衝撃が走った。


「7つだよ、おとうさん。」


情けない話ですが、このとき僕は混乱していて、おとうさん、という単語が耳に入っていなかったです。
反応したのは、年齢のほう。

もしかして…。


予感は、的中した。




このときの俺の行動↓
右手を突き上げ、ただただ泣きじゃくった。(グロ表現すいません;;)


あまりにも、俺のストライク過ぎる展開だったから。
最高でした。



いや、まじで泣いた。
今までの泣き方は「目から汗が…」って感じだったんですが、今回はガチ。

しゃくり泣きとか、今までの人生の中でもほっとんどなかったしwwwww





Fin


うん、なんか最後のほういろいろえらいすんませんww

てかあらすじとかは、もうやった人向けならいらないのにね。
はい、自己満ですw







ーーーーースキップ停止ーーーーーーーーーーーーーーー



・シナリオ総評点
150/100点


え?おかしくないよ?
満点超えたっていいじゃない。にんげんだもの。

本当に感動しました。
これを超えるエロゲってあるの??


まあ椿姫と水羽の個別が若干微妙だったけど、
ハルルートの終わり方はもういくら点数をつけても足りないくらいなので。



ハルのバイオリン、聞きたかったな。ww



・絵
100/100


有葉さん神。結婚してください。

以上。

あ、強いて言うなら、CGの枚数がもっとほしいです!





・BGM
120/100

やばいやばいやばいやばいやば(ry 以下エンドレスエイト

Answerもよかったけど、Close your eyes がチート過ぎた。

アレ聞いたらもうJPOP聞けないwww

てかほっとんどクラシックのアレンジらしい。
クラシックきいてみることにしよう。
てかぜったいサントラ買う!!
あとドラマCDも買う!!





・まとめ

文句なしでした。
あれが2008年2位なのは、たぶんあかべぇ信者嫌いのねらーの仕業でしょうね。

感動するシナリオって点では、歴代エロゲでも5本指に入ってもいいんじゃないかと僕は思うんですが。

信者とかいわれてももういいです!
良いものは良いのだ。うむ。


しばらくはこの感動に浸ることにします。

では、
2人の、いや、3人の幸せな日常を願いながら、この文章を終えたいと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/25(月) 02:56:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiroymd.blog109.fc2.com/tb.php/17-23e7727c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。